猫スタッフのご紹介
(譲渡対象ではありません)



店長:てんてん    photo by ルル


 2011年7月生まれ。7月下旬に兄弟猫3匹と鳥栖市内で優しいYさんに保護されました。その後、9月に行われた動物愛護ボランティアハッピーボイスの譲渡会に参加。兄弟猫2匹は里親さんが見つかりましたが、鼻ひげ(鼻くそ?)のせいか、里親さんは見つかりませんでした。
 その後、預かりさんのところをてんてんとした後、Nha Con Meoの店長候補としてマネージャーの自宅へ。
 遊ぶことと食べることが大好きなやんちゃ盛りの男の子です。抱っこはできませんが、一緒に遊ぶなら最高の相手です。

 
 てんてんの過去の記事はこちら
  ○てんちょう候補紹介

    てんてん自慢
   
 
photo by ルル




  店長補佐:トト
※2013年1月引退。
最初の保護主さんのお宅で幸せに暮らしています。
 2011年5月生まれ。7月7日、ハッピーボイスの猫ボラルルさんが佐賀市内の畑の真ん中で保護。怪我の治療を受けた後、かしこく柄も良かったのでなんと10日でスピード譲渡。でも、里親さんのご都合で数か月後、出戻ってくる羽目に。
 スマートだけど、洋猫体系でがっちり筋肉質。フレンドリーで誰とでも仲良くできる優等生。てんてんとも、わさびとも仲良くできて、身体を張った愛情表現は最高です。 
 抱っこはできませんが、スリスリしてきたら頭や体をそっとなでてあげてください。
 営業部長:ちー
※2014年11月2日腎不全のため永眠。
大好きな本棚の上で静かにみんなを見守っています。
 


  佐賀市嘉瀬川の河川敷で保護された時にはもう大人だったので、正確な年齢は分かっていません。しばらく保護主さんのもとで暮らした後、動物愛護ボランティアハッピーボイスの猫ハウスで暮らしていました。
 抱っこが大好きで、抱っこをねだっては、張り切って掃除に入る私たちを骨抜きにしてしまう魔力を持っています。             
 猫づきあいはあまり上手ではないのですが、人が大好き。少し慣れれば抱っこし放題です。                      
 年は一番上なのですが、甘えん坊の泣き虫チーです。早く仲良くなってたくさん抱っこしてあげてください。                
 
photo by ルル




 店長秘書:さわ
 2011年5月頃生まれ。11月頃、八女市内の某施設に姿を見せました。歩き方がおかしく、簡単に触れたので、人の残り物などをもらって暮らしていましたが、今後のことを考えて、マネージャーの自宅に保護。
 病院で診察を受けたところ、左大腿骨骨折と内臓打撲(出血の跡がひどかったです)、6種類の寄生虫に侵されていた、野良猫の悲惨な生活を絵に描いたような子でした。今は治療も駆虫も避妊手術も終わり、てんてんと穏やかな日々を過ごしている、下半身おデブの女の子です。
 抱っこはできませんが、なでられるのは大好きです。 

 
 さわちゃんの過去の記事はこちら
   ○さわちゃんのお話

   ○さわちゃん  …その後    
 スポーツ担当:わさび  
photo by ルル



  2011年5月頃生まれ。さわちゃんとたぶん姉妹。
 さわちゃんと違って、元気に野良猫として育ったため、最初は触ることもできませんでした。しかし、そのままにしておけば、必ず次の世代の親になってしまいます。そこで、心を鬼にして、マネージャーが捕獲。そのまま佐賀の病院で避妊手術を受けました。
 しばらく、ハッピーボイスの猫ハウスで暮らした後、ルルさんの自宅でトトさんと一緒に暮らして、ほかの猫や人と暮らすことを少しずつ覚えてきました。今はずいぶん人にも慣れて、触ったりなでたりできるようになりました。仲良くなれば、甘えてくるかもしれません。
 わさびちゃんのような「耳カット」は「一代限りの命を地域で見守ってくださいね」という避妊・去勢済みのしるしです。もし「耳カット」の猫を見かけたら、優しくしてあげてくださいね。      


  わさびの過去の記事はこちら
   ○わさびちゃんのお話





   ふわふわもこもこ担当:モカ
  佐賀市内に兄弟猫5匹で捨てられていました。エサやりさんもいたのですが、近所に猫嫌いさんがいらっしゃったため、エサやりも中止…。
 そして、ハッピーボイスのTNR活動(地域猫として捕獲し避妊手術をした後、元に戻すこと)で手術を受けたのですが、猫嫌いさんがいるため元の場所に返せず、そのまま猫ハウスに。避妊手術の証拠に青い耳ピアスをしています。これも地域猫のしるしです。
 兄弟の中で唯一長毛で、ふわふわもこもこがとても気持ちいいモカちゃんです。
 最近では一番の甘えん坊になって、お客様のお膝の上を独占しています。「ヒャー」と鳴いてきたら優しくなでてあげてください。
 受付嬢:まる子  
  2012年6月のある日、久留米市内某所に、14匹(もしかしたらもっと?)の猫の大量遺棄事件がありました。成猫、中猫、子猫取り混ぜて、これほどたくさんの猫を遺棄するなど、あってはならないことです。

 とにかく保護しなければ、家の中で暮らしていた猫が突然外の世界に放り出されて生きていけるはずがありません。保護できた12匹をボランティアの皆さんと分担して預かりました。
 その中の一匹がまる子です。保護した最初の日に自分から膝の上に乗ってきて、ピーンと来ました。「この子はいい」猫スタッフとして、猫好きさんを増やす仕事をやってくれると思いました。
 片方の目は見えていませんが、それでも十分キュートなまる子さんです。どうぞ可愛がってやってくださいね。

 大量遺棄の状況についてはこちらこちらをご覧ください。




 Nha Con Meo Topへ