Nha Con Meoを引退&卒業したニャンズたち


 Nha Con Meo時代の
ラブラブツーショット。
 トト&こま(リー)   
先住猫アケさんのベッドを乗っ取った
トトさん&極悪顔のコマちゃん。
  2012年7月7日、Nha Con Meoのオープンと同時に店長補佐として猫カフェのスタッフになったトトさんですが、2013年1月、カフェを引退し、最初の保護主であるNさんのおうち猫になりました。

 2012年9月に保護され、10月からNha Con Meoにホームステイしていたキジ兄弟の一匹、リーちゃんも2012年12月にNさんのおうち猫になっていたので、2匹&先住猫のアケさんと3ニャンで幸せに暮らすことになりました。
 
人懐っこくて甘えん坊のイチロー
誰からも愛される子でした。 
 イチロー  
2013年1月、イチロー君は
すっかり大人っぽくなってました。
  2012年6月12日、久留米市田主丸町で兄弟猫3匹と所有者不明の猫として保護され、久留米市動物管理センターに収容。6月28日にNha Con Meoにやってきたとっても甘えん坊の男の子。
 その性格が幸いして、10月2日、4号ちゃんこと、げんきちゃんと一緒に正式譲渡決定しました。
 
この指ちゅばでたくさんの方の
ハートをゲットしました。
 げんき  
2013年1月、もう指しゃぶりはしないけれど、
愛くるしさは変わっていませんでした。
  2012年7月8日、久留米市内の某公園で保護されました。「くるめ動物応援団」さんの依頼で7月31日、Nha Con Meoへ。
 
 指をしゃぶる姿がたまらなくかわいくて、お客様のハートも鷲掴みにしていました。

 10月2日、お兄ちゃんのイチロー君と同じ里親さんに正式譲渡が決まりました。
 
とってもやんちゃなキジ兄弟でした。
 ショコラ(ロン)&シエル(アン)  
キャットタワーの 1番上の狭いところに
2匹が乗ってます
  2012年9月のある日、動物愛護ボランティアハッピーボイスのボラスタSさんが、佐賀県内のショッピングセンターの敷地内で保護されたキジ猫4兄弟。
 寄生虫駆除も住み、ホームステイ生として10月6日Nha Con Meoにやってきました。そして、なんとその日のうちにロンちゃんは里親さんが決まり、早々に里親さんのもとへ。
 その後、皮膚病の治療を経て、2013年1月、アンちゃんもシエルちゃんという素敵な名前をもらい、同じ里親さんのもとで、ショコラちゃんと幸せに暮らし始めました。
 
おそらくずっと一匹で飼われていたのでしょう。
ほかの猫たちともなじめないままでした。

 
エサもモリモリ食べます。
よく甘えるようになりました。
  2012年9月、久留米市荒木町で段ボール箱に入れられて捨てられていたお福ちゃん。動物管理センターに持ち込まれ、殺処分されかけたのですが、センターの方の機転で飼い主を探すことになりました。
 しかし、結局飼い主さんは見つからず、10月5日、里親を探すため、Nha Con Meoへ。
 ずっと一匹で飼われていたらしく、なかなか猫カフェになじめず、次第に元気をなくしていきました。
 そして、2013年1月、ストレス性の体調不良ということで、猫カフェにいることにドクターストップがかかり、引退。
 今はマネージャーの自宅で元気を取り戻し、平和に暮らしています。
 
人懐っこくやんちゃなチョモは
お客様の人気者でした。
 レオン(チョモ)  
やっぱりたいへんなやんちゃ小僧で、
飼い主さんの手を焼かせているんだそう。
  2012年9月、佐賀県内のショッピングセンターの敷地内で保護されたキジ猫4兄弟の唯一の長毛の子。
 10月6日Nha Con Meoにやってきて、11月、皮膚病に感染してしまい、ケージ隔離&治療スタート。
 2013年1月、隔離前に見初めて下さった方のもとへ行きました。
 優しいご家族と、ハンサムなお兄ちゃんと幸せに暮らしています。
 
 仲良し兄弟だったジローとミケコ。
これからは別々に幸せになります。
きなこ(ミケコ)  
生まれて初めて一人になったミケコさん。
少し時間はかかりますが、
優しい家族と一緒ならきっと大丈夫です。
  2012年6月12日、久留米市荒木町で兄弟猫4匹と所有者不明の猫として保護され、久留米市動物管理センターに収容されたミケコさん。
 6月28日に兄弟猫のミケコさんと一緒Nhq Con Meoへ。

 仲良しのジローちゃんやチー兄ちゃんといつも一緒でした。
 
生まれてから一度も離れたことがない
仲良し兄弟でした。
 サボ(ちゃちゃ)&トラ(チャコ)  
一度トライアルに失敗したちゃちゃ(右)でしたが、
兄弟猫のチャコと一緒だと大丈夫でした。
  2012年9月20日、久留米市内のとあるお宅で、野良猫のみなしご、みなちゃんが4匹の仔猫を生みました。
 そのまま保健所へ持ち込まれようとしていたのですが、里親探しを条件に保健所送りを免れることができました。
 2匹は里親さんが見つかったのですが、あとの2匹が里親さんが決まらず、Nha Con Meoに入店。しつこい猫風邪の治療も無事終えて、4月24日、2匹一緒に正式譲渡が決まりました。
 
 ジローはどんな新入りニャンに対しても
決して威嚇しない優しいお兄ちゃんでした。
そして、ロックの皮膚病を
最初にもらってしまったんです。
たすく(ジロー)&サブロー(ロック)  
最初は固まっていたジローですが、
2匹一緒ということもあり、
初日の夜には、もうじゃれあって
里親さんの睡眠を邪魔したのだそうです。
  2012年6月12日、久留米市荒木町で兄弟猫4匹と所有者不明の猫として保護され、久留米市動物管理センターに収容されたちょび髭ジロー。
 センターの職員さんには「カトちゃん」と呼ばれてかわいがられていました。6月28日に兄弟猫のミケコさんと一緒Nhq Con Meoへ。

 黒猫のロックは2012年10月初め、佐賀県内某所、動物愛護ボランティアハッピーボイスのレスキュー現場で保護されました。
 小さい体で寄生虫や皮膚病と3か月以上闘ったロックちゃん。ジローちゃんと一緒に幸せになりました。
 
仲良しの13号ことゴルゴと3人で
モノクロニャンニャンズを結成。
じゃれあいっこして遊んでいました。
ハク(文太)&ジジ(ダース)  
カフェ時代はビビリだったダース君が
里親さんのお宅では
率先して冒険を始めたのだそうです。
  2013年5月15日と16日に、久留米市東櫛原町で捕獲器に捕われてしまったこの2匹、久留米市動物管理センターに収容されました。同じケージに入れられてすぐになめあいっこ始めたそうですから、兄弟なのは間違いないでしょう。

 タイミングが悪ければ殺処分されてしまったかもしれないこの2匹。優しい里親さんのもとで、ニヒルな文太君はハクに、ビビリのダース君は元気者のジジに変身し、幸せな毎日を過ごしています。
 
尻尾が短くて細くて、しょぼいしっぽのショボちゃん。
でも、目と耳の大きい美人さんに育ちました。
その甘えん坊の正確で、人気No.1でした。
 ショボ  
先住猫のお兄ちゃん、スルメちゃんと
これから幸せになります。

  2013年6月のある日、久留米市内某所で猫の大量遺棄がありました。一体何匹の猫が一晩のうちに捨てられたのかわかりませんが、ボランティアさん方で力を合わせて12匹を保護。そのうちの一匹がショボちゃんです。

 6月14日、治療を受けてまる子さん、秀ちゃんと一緒にNha Con Meoへ。

 最初は結膜炎と鼻気管炎がひどかったのですが、治療の甲斐あって、すっかりきれいな猫になりました。

 猫たちの中でもひときわ甘えん坊で、お客様のお鼻をぺろぺろ。里親さんの心を鷲掴みにしました。

 9月25日、田主丸の暖かいご家族に迎えられて、幸せになりました。
 
大好きなちー兄ちゃんに甘えていたゴルゴ。

すっかりお兄ちゃんらしくなった
スーとくるん・カールきょうだい。
 ゴルゴ&テン(スー)&ゼット(クルン)  
易しい里親さんのもとで
3匹一緒に幸せに暮らしています。

 ゴルゴは2013年5月21日、兄弟猫のスーとキーは8月7日にそれぞれ久留米市の動物管理センターに持ち込まれました。共に殺処分を免れた強運の持ち主です。
 クルンは10月10日に兄弟猫のカールとクロスケ、3匹で保護されました。1匹、車に轢かれて亡くなっていた子のおかげで暗闇の堤防でも見過ごされずに保護できたのです。

 甘えん坊のビビリ屋さんゴルゴが、今度はお兄ちゃん役です。ちょっぴり心配ですが、弟2匹と匹一緒に暖かい里親さんのもとで幸せになりました。
 
尻尾の先っぽが“くるん”と曲がっていた雄のくるん、
かわいくカールしていた雌のカール、
そして一番体の大きかったくろすけの仲良し3兄弟です
 コットン(カール)&
コクバン(くろすけ)
 
暖かいご家族に見守られて、
幸せいっぱいの2匹です。

 2013年10月10日に兄弟猫のくるんと3匹で保護されました。1匹、車に轢かれて亡くなっていた子のおかげで暗闇の堤防でも見過ごされずに保護できたのです。

 仲良しきょうだいが、亡くなった子の分まで一緒に幸せになりました。
 
他の猫たちと仲良くなる間もなく、里子として迎えていただいた
幸運の男の子です。
 のん(のんた)  
蝶ネクタイで
執事風に決めてるのんた君です。

 2013年11月、捨て猫の多い市内某所で発見・保護されました。
 すぐに逃げてしまう他の野良猫たちと違い、ボラさんにスリスリゴロゴロ甘えてくる猫でした。
 結膜炎の症状もあったため、ボランティアさんが保護されました。
 猫ルームに入ってからも超甘えん坊。お客様のハートを鷲掴みにしてしまったノンちゃん。

 2014年1月28日、温かいご家族に迎えられて幸せになりました。
 
のんちゃんがいなくなって
ぽっかり空いた穴を完全に埋めてくれました。
 ジュノ  
里親様のお宅でのびのびと
遊びまわっていました。
 2013年6月のある日、久留米市内某所で猫の大量遺棄がありました。一体何匹の猫が一晩のうちに捨てられたのかわかりませんが、ボランティアさん方で力を合わせて12匹を保護。そのうちの一匹がジュノです。

 大分の預かりさんの所で3匹の子猫を出産、残念ながらみんな助かりませんでしたが、その後、預かりさんの愛情を受けて幸せに暮らしていました。

 2014年1月にNha Con Meoに入店、大人猫ながら甘えん坊振りをいかんなく発揮し、里親様のハートをゲットしたジュノです。

   ジジ   
 9号のさくらちゃんと兄弟で、ハッピーボイスの代表の方に保護された子です。

 最初は怖がりで、なかなかお客様の前にも姿を現さなかったのですが、お客様がかわいがってくださったおかげで、甘えん坊の本領を発揮し、2015年3月10日、暖かいご家族に迎えていただきました。
 
 こたつが大好きなおひざ猫になって、飼い主さんに甘えまくっています。
  
 シロ  
 2014年6月4日、一匹の白猫が久留米市動物管理センターに持ち込まれました。その日は水曜日、もし引き取り手がなけれは翌々日の金曜日に殺処分になるということで、ボランティアのIさんがセンターから引き出されました。そして、9月5日、Nha Con Meoに入店となりました。

 超超超甘えん坊のおひざ猫。ほかの猫たちの嫉妬をよそにお客様に甘えまくり、多くのお客様のハートをゲットしました。

 そして2015年3月8日、正式譲渡。里親さんの愛情を独り占めできる環境で、べたべた甘えているそうです。
 
 

 モカ(みどり)&モコ(もも)  
  2014年9月9日、久留米市の動物管理センターに持ち込また生後5〜6日の乳飲み子4姉妹のうちの2匹。

 姉妹猫のあーちゃんとくーちゃんは早々に御縁があったのですが、みどりとももはなかなか御縁に恵まれず、猫ルームに研修生として入店。元気娘のみどりと甘えん坊のもも、猫ルームの人気者でしたが、2015年4月8日、2匹一緒に佐賀市内のお宅に迎えていただきました。
 
 2匹で仲良くお留守番しているそうです。
 



そのほかの卒業生たちの幸せっぷりは、猫カフェNha Con Meoのブログ「Con Meo日記」の「幸せ通信」をご覧ください(=^・^=)。




Nha Con Meo TOPへ